商品・広告価格の総額表示について

こんにちは。トキワ印刷です!

 

2021年も早2か月が過ぎ、新年度の準備で慌ただしくなってきましたね。

弊社も、名刺や帳票類、会社案内や販促ツールなどの制作・印刷でバタバタしております。

日常的に使っている帳票類の年度や印行の変更、名刺の役職変更などお忘れではないでしょうか?

「あ!」と気づかれた方はぜひ弊社へご用命くださいませ。


さて、この春、仕事や日常生活に関わる大きな変化があります。

最近、スーパーマーケットやドラッグストアなどのお店で、『価格の総額表示義務に伴い、店内のプライスカードを順次交換しております。しばらくの間、価格の表示(税込・税別)が混在しますこと何卒ご了承ください』などと書かれたPOPを目にすることはありませんか?

そう、今年4月から、商品の価格表示が「消費税を含んだ総額表示に完全義務化」されるのです。

消費者としては買い物時に判りやすくなるのはありがたいことですが、

印刷業者としては戦々恐々。価格表記のミスは許されません。

そこで簡単にですが、下記に価格表示のOK&NGをまとめてみました。

 

広告商品の消費税を含む総額表示について.png

 

詳しくは国税庁のホームページをご覧になられることをおすすめします。

次項有 https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shohi/6902.htm

そして、「商品価格の総額表示」に慣れていきましょう。


以上、トキワ印刷でした!

 

一覧はこちら