トンボとは

こんにちはトキワ印刷です。

みなさんはトンボというものはご存じでしょうか?

トンボとは、よく印刷通販会社さんなどで配布されているテンプレートなどにある断裁する為の目印のことです。

名前の由来はみんなさんご想像の通り虫のトンボに似ているからだそうです。


様々な入稿データを見ている中で、塗り足しがないものをたまに頂くことがあるので、今回あらためてトンボを説明させていただこうと思います(^^)

 

この四隅と上下左右についてるものがトンボです

これは、印刷データをつくる際にこの大きさで断裁してください!と指定するための基準線になります。

印刷所の人はデータを見たとき、印刷されて出来上がったものを見たとき「この線で切るんだな」と把握するためのものです。

そのため、これがどういうものなのか理解しておかないと印刷内容が紙の隅ギリギリになってしまうなんてこともあります。

 

A5C8A5F3A5DCB2F2C0E2.png

 

ピンク色の部分絶対に切れてほしくないものを入れるゾーン。

青色の部分はハガキサイズの基準色です。

そして黄色い部分は塗り足しゾーンと3つに分別できます。

 

A5C8A5F3A5DCBEDCBAD9.png

 

この3種を理解せず切ってしまうと


C3C7BADBB8E5.png

こんなことになってしまいます

 

その為絶対に切れてはいけない部分はピンク色の部分に入れていただければ製品が綺麗に仕上がります。(印刷面の見た目、バランスもばっちり決まりますよ。)


 

今はillustratorの機能で一発でつきますが、

昔の職人さんはカラス口という道具を使って手書きしていたそうです。

昔の職人さんの技術はすごいですね!

トキワ印刷のものではないですが、youtubeでも面白い印刷関連の動画がアップされているので、ご興味がありましたら是非チェックしてみてください!

わたしも勉強しなおそうと思います!

 

以上トキワ印刷でした(^^)